Road to 2023 ~のんびり男子の中学受験~

のんびりマイペース長男が日能研で2023年首都圏の中学受験に挑みます。5年男子、1年男子、4歳女子がいるフルタイムワーママ、ついでに自分も日能研卒業生です。 自分の時とはいろいろ違ってどきどき…

5/29公開模試&6/5育成テスト結果と近況

とにかく日々に忙殺されております。

1週間があっという間。このままじゃすぐ年取っちゃう、じゃなくて2023年2月が来ます。

 

すでに遠い過去になりましたが、いろんな方の成績を参考にさせていただいてる手前、簡単ですが長男の成績を残しておきます。

 

5/29公開模試

前回の自己ベストの波に乗れるか、と思いましたが、いつも通りで、4科目で偏差値61台。やっぱりこのあたりが適正値なのか、、、

内容は、算数と社会が62~63、国語が足を引っ張り理科は普通、といった感じで、算数が少しずつですが安定してきた半面、国語が崩壊の兆し。

 

6/5育成テスト

国語が崩壊しつつあるため、私が「あなたの国語の問題用紙はきれいすぎる。読みながら大事なところや結論に線を引きなさい」と言ったのですが、これが大誤算!!

幼いかつ優柔不断なうちの息子は、テスト中に「ここが大事かな、、、いや、ここも大事な気がする、、、ここも、、、」と線を引くことに気も時間も取られて、いつもは最後までたどり着く国語が1/3ぐらい空欄、結果80点弱という激しく自己ワースト更新の回となりました。

いやーこれは100%私が悪いです。一般的なセオリーが息子にフィットすると踏んだ私の判断が。そんなことさせたら迷いの森に入っていくに決まってる、今思えば。

ということで、線を引く作戦はすぐ撤退。息子にも謝りました。

算数は普通、理社が良いといういまいちパターンで席順もぎり2列目でした。

 

近況

とにかく説明会予約が取れなくて困っています。個別のも集団のも。

本人は第一志望以外興味がないようで、気にしてないですが私にしてみれば一大事です。

秋のシーズンを狙いたいですが、毎週テストと月2の実験教室と月1の登校日の隙間を縫うようなスケジューリングで、行ける気がしない><

 

長男は週に3回、友だちが迎えに来てくれて塾に行ってます。特にスイッチが入った様子もなければ、壁にぶつかった様子もなく。校舎1位だと好きな本を1冊買う約束で、(総合1位は一気に5冊。でも達成したことはないw)前までは鬼滅をずっと集めてましたが、最終巻にたどり着く前に「はたらく細胞」派に転向。

今はひたすらナチュラルキラー細胞が、、、とか血小板が、、、とか日常会話でも研究室のような趣です。

 

次男

早稲アカでは初のクラス替えがあり、なんとか今のクラスに残留。

1年生からシビアに昇降し、先生もはっきりと「このクラスは特進を狙うクラスです」と断言>< クラスも1つ増えて、1年生だけで5クラスになりました。

本人としても特進に行きたそうだけど、冷静に見ると厳しいかなと。というよりいっこ落ちるかなー、、、みなさんほんと鍛えられてるなという印象です。

毎週の読書感想文の宿題にやっぱり苦戦中。でも出来上がりは毎回かわいい内容で(1年生だから)何度も読んで癒されてます。

(「ぼくもさかなになりたいとおもったけれど、にんげんにもどれるさかなになりたいです」とか)

 

長男も次男もドラゴン桜に影響されて、こんなハチマキ巻いて勉強してます。

横で関係ない末娘まで同じの巻いてる。(作らされた)

 f:id:sorafuneoar:20210612022907j:plain

 

プライバシーポリシー お問い合わせ